10/14/2019
Breaking News

企業が行っている人材確保対策について

少子高齢化社会によって人材が不足している企業では、人材確保対策は会社の存亡に関わる大きな課題になっています。企業によっては、人手不足を理由にして事業を撤退したり、会社をたたんでしまったりするケースもある程です。そのため、のようにして人材を確保し続けるかは、経営者にとって大きな悩みの種となっています。

人材確保のために多くの企業が取り組んでいる対策の1つが、離職率を低下させることです。時間をかけて育ててきた若手社員が辞めてしまうことは、企業にとって間違いなく大きな痛手となります。また、女性社員の場合、結婚や出産をきっかけにして退職するケースが少なくありません。このような離職を防ぐためには、全ての社員が満足して働ける環境を整えることや、女性が出産した後も復職しやすい制度を充実させることが必要でしょう。また、優秀な人材を確保するためには、企業の魅力を積極的にアピールすることも必要です。自社のホームページで企業の強みをアピールするだけでなく、SNSを活発に利用して魅力的な情報を発信することも、優秀な人材の確保に繋がるはずです。

それから、人材確保の対策として福祉や医療業界で注目されているのが、中高年世代の積極的な採用です。日本は世界でも有数の長寿国家であり、元気に働くことが可能な高齢者がたくさん存在しています。業界において一定の実績や経験がある人材であれば、企業にとっては即戦力としても期待できるでしょう。若い世代が少なくなりつつある日本において、このような中高年世代の採用は、人手不足を解決するために有効な手段です。